日本数学会

男女共同参画社会推進に関するアンケート



アンケート設問解答まとめ

       男女共同参画社会 学協会連絡会による

 <科学技術系専門職の男女共同参画実態調査アンケートの回答結果>

         日本数学会会員分 

 

  男女共同参画学協会連絡会(以下学協会と称する)という,学術会議の活動の一環により設置された学会横断型の集団により,20038月から10月の間に「科学技術系専門職の男女共同参画実態調査アンケート」が実施されました.日本数学会では学協会による設問と,日本数学会による独自の設問の両方を問いました.学協会による設問は,日本数学会のみならず39の理学系の学会の19,291名の会員から回答を得ました.詳細は学協会のホームページ http://annex.jsap.or.jp/renrakukai/をご覧下さい.ここでは,日本数学会会員の回答のみを紹介します.

 

 

 

学協会連絡会による設問については、数学会会員に不向きのものは割愛しました.このため多少設問番号がとんでいます.

      代わりに,日本数学会による独自の設問を追加しアンケートを行いましたので、これを後に続いて報告します.

      以下の結果は全てアンケート回答者のものです.

 

              文責 日本数学会男女共同参画社会推進委員会

 

 

 

 

           ---------------------------------------------アンケート回答------------------------------------------------





日本数学会 会員総数 約5000人,うち女性約 5% 2004年9月現在)  

アンケート回収率 約10%

回答者数  502人 うち女性 約 11%

 

グラフにおけるMは男性、Fは女性を表します。


Q1   年齢
pdfファイルのグラフはこちら

Q2   性別
pdfファイルのグラフはこちら

Q3    配偶者の有無
pdfファイルのグラフはこちら

Q4   子供の人数
pdfファイルのグラフはこちら

Q8    現在の勤務形態
pdfファイルのグラフはこちら

Q9    現在の主な所属
pdfファイルのグラフはこちら

Q10  現在の役職
pdfファイルのグラフはこちら

Q14   研究費、開発費として使える今年の金額
pdfファイルのグラフはこちら


Q17_1   離職、転職を考えたこと、したことがある場合、その理由
pdfファイルのグラフはこちら


Q17_2   離職、転職をした場合、その後の雇用形態
pdfファイルのグラフはこちら


Q19   子供が居る場合、小学校就学迄の平日昼間の育児を主に担当した人
pdfファイルのグラフはこちら


Q23   科学技術分野において男女の処遇の差があると思う場面
pdfファイルのグラフはこちら


Q25    主にどの分科会に所属していますか(複数回答可)
pdfファイルのグラフはこちら


Q26    数学に最初に興味を持ったのは、何歳頃ですか
pdfファイルのグラフはこちら


Q27    そのきっかけは何でしたか
pdfファイルのグラフはこちら


Q28    大学、大学院などで数学を専攻している過程で、一番影響を受けた人は誰ですか
pdfファイルのグラフはこちら


Q29    数学の研究者になろうと思ったのは、何歳頃ですか
pdfファイルのグラフはこちら


Q30    数学を研究している過程で、encourageされた(されている)のはどういうことですか(上位3つまで)
pdfファイルのグラフはこちら


Q31    数学を研究している過程で、discourageされた(されている)のはどういうことですか(上位3つまで)
pdfファイルのグラフはこちら


Q32    業績:レフリー付き論文の本数
pdfファイルのグラフはこちら


Q32_2    一編以上の場合、初めて発表したときの年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q32_3    学会・研究会講演について、現在までの講演回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q32_4    一回以上の場合、初めて講演をした時の年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q33    国際会議・海外研修について


Q33_1    現在までに国際会議で行った講演回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q33_2   国際会議に始めて出席した時の年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q33_3    現在までに経験した6ヶ月以上の海外研修の回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q33_4   一回以上の場合、6ヶ月以上の海外研修に初めて出かけた時の年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q34    科学研究費や財団等の研究奨励金の交付について


Q34_1    現在までに交付された研究奨励金の回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q34_2   一回以上の場合、初めて交付を受けた時の年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q35    研究指導経験について


Q35_1    修士論文レベルの指導をしたことのある学生の人数
pdfファイルのグラフはこちら


Q35_2   博士論文レベルの指導をしたことのある学生の人数
pdfファイルのグラフはこちら


Q36_1    博士課程終了後、有給期限付き博士後研究員(postdoctoral fellow) 、無給オーバードクター、非常勤職のみなど。常勤職についていない状態の経験がありますか
pdfファイルのグラフはこちら


Q36_2    ある場合、常勤職につくまでの年数
pdfファイルのグラフはこちら


Q37    常勤職についている場合


Q37_1 最初の常勤職につくまでに、常勤職の募集などに何回応募しましたか
pdfファイルのグラフはこちら


Q37_2 最初の常勤職についたとき、どのようにして採用が決まりましたか
pdfファイルのグラフはこちら


Q37_2_2 紹介による場合、その紹介者が誰でしたか
pdfファイルのグラフはこちら


Q37_3   最初の常勤職についた後に昇進昇格した場合、最初の昇進昇格までの経過年数について記憶がありますか
pdfファイルのグラフはこちら


Q37_3_1 最初の常勤職についた後に昇進昇格した場合、一回目の昇進昇格までの経過年数
pdfファイルのグラフはこちら


Q37_3_2 それ以後二回目の昇進昇格があれば、それまでの経過年数
pdfファイルのグラフはこちら


Q37_3_3 それ以後三回目の昇進昇格があれば、それまでの経過年数
pdfファイルのグラフはこちら


Q38 役職の経験がどの程度ありますか


Q38_1_1   国内学会役員・委員などを経験した回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_1_2   国内学会役員・委員などを始めて経験した年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_2_1  国際学会役員・委員などを経験した回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_2_2   国際学会役員・委員などを初めて経験した年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_3_1   国内研究集会の組織者を経験した回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_3_2  国内研究集会の組織者を初めて経験した年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_4_1  国際学会・研究集会の組織者を経験した回数
pdfファイルのグラフはこちら


Q38_4_2   国際学会・研究集会の組織者を初めて経験した年齢
pdfファイルのグラフはこちら


Q39  あなたが研究に関わる時間を1としたとき、次の各項目についてどの程度の時間を実際に割いていますか、また理想はどの位ですか


Q39_1 教育に関わる時間: 実際
pdfファイルのグラフはこちら


Q39_2 教育に関わる時間: 理想
pdfファイルのグラフはこちら


Q39_3 教育以外の公務、管理運営、役職等に関わる時間: 実際
pdfファイルのグラフはこちら


Q39_4 教育以外の公務、管理運営、役職等に関わる時間: 理想
pdfファイルのグラフはこちら


Q39_5 家事・育児など: 実際
pdfファイルのグラフはこちら


Q39_6 家事・育児など: 理想
pdfファイルのグラフはこちら

以上です。
なおアンケートにご協力くださった方々に厚くお礼を申し上げます。