*

日本数学会  学術委員会報告

2013年度MSJ-SI テーマ募集 他

TOP Page会員用のページ > 学術委員会 > 学術委員会報告 > 20101004

学術委員会報告 (2010年10月4日)

学術委員会から日本数学会季期研究所(MSJ-SI = Mathematical Society of Japan, Seasonal Institute) について報告いたします。

●2013年度 MSJ-SI テーマ公募について

学術委員会では 2013年度(平成25 年度) のMSJ-SI についてテーマ公募を行います。 学術委員会のウェブページ

http://mathsoc.jp/comm/scientific/

または別ページにある公募のお知らせ(pdfファイル)を ご参照ください。

MSJ-SIは、以下の特徴を持ちます。

数学会からのサポートについては検討中の課題もあり、それにつきましては随時、数学通信とウェブによって会員の皆さんにお知らせしたいと考えております。

公募に申請される方は、どうか締切までに、研究集会のテーマ、提案理由、主要な講演者(事前承諾不必要)を古田幹雄(furuta(at)ms.u-tokyo.ac.jp)までお送りください。また、上記メールアドレスへの事前の問い合わせも歓迎いたします。

●2012年度のMSJ-SI

2012年度のMSJ-SIにつきましては昨年度数学通信第三号(11月発行)で行なった2月19日締切のテーマ募集に対して応募がなく、今年度数学通信第一号(5月発行)において締切を9月10日まで延期しました。2件の応募があり、その選考結果につきましてはウェブと数学通信でお知らせする予定です。

●ウェブページについて

学術委員会ではウェブページをリニューアルしました。過去の集会の報告集の情報をわかる範囲で更新しました。メインページには英語版もありますので、海外の研究者にMSJ-SI等について紹介される際にはどうかご活用ください。

特に、過去のMSJ-IRI, MSJ-RWの開催関係者の方たちにお願いです。もし、ウェブページの該当ページの記述にミス(集会の英語名など)、記載漏れ(報告集の出版情報など)、その他問題点がありましたら古田(furuta(at)ms.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。

● 2010年度MSJ-SI

今年度のMSJ-SIにつきましては 次のように開催される 予定です。詳細は数学通信にて改めて報告させていただきます。組織委員会の方々の尽力はもとより、多くの方々のご協力を賜わりました。ありがとうございました。

テーマ :
Development of Galois-Teichmueller theory and anabelian geometry
日 時:
2010年10月25日〜30日
場 所:
京都大学数理解析研究所
組織委員:
中村博昭(委員長)、玉川安騎男、Florian Pop、Leila Schneps

プログラム等につきましては次のウェブページをご覧ください。

http://mathsoc.jp/meeting/msjsi10/

● 2011年度MSJ-SI

来年度のMSJ-SIの予定は以下の通りです。

テーマ :
Nonlinear dynamics in partial differential equations
日 時:
2011年9月12日(月)〜21日(水)
(受付 9月11日(日))
場 所:
九州大学医学部百年記念講堂
組織委員:
栄 伸一郎(委員長)、川島秀一
隠居良行、山田直紀、 仙葉 隆、
小林孝行、三沢正史、辻川 亨、池畠 良
Plenary speakers:
Matano, Hiroshi (Univ. of Tokyo)
Fusco, Nicola (Unv. of Napoli),
Pego, Robert (Carnegie Mellon Univ.)
Feireisl, Eduard (ASCR)
Todorova, Grozdena (Univ. of Tennessee)

詳細については以下のウェブページをご覧ください。

http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~ichiro/MSJ2011/MSJ2011.html

(学術委員会委員長 古田幹雄記)