*

日本数学会

伊藤清生誕百年記念事業

TOP Page会員用のページ > 伊藤清生誕百年記念事業

English

News

伊藤清生誕百年記念事業

伊藤清先生は現代確率論研究の開拓者の一人で、確率解析の基礎である伊藤積分(確率積分)や伊藤の公式によりその名は広く知られています。2006年の国際数学者会議 (ICM) での第1回ガウス賞受賞を始めとして、京都賞、ウルフ賞、文化勲章等数々の賞を受賞されています。

日本数学会は生誕百年を記念して以下の事業を行います。

(1) 日本数学会および京都大学数理解析研究所による資料および文献のウェブ上での一般公開:
(2) 日本数学会の欧文誌JMSJによる特集号の刊行
(3) 国際研究集会の開催:
京都大学数理解析研究所(主催)と日本数学会(共催)が共同で、2015年9月7日〜11日の期間、京都大学において国際研究集会「確率解析」を開催する
(4) 記念市民講演会:
2015年9月12日に京都産業大学において記念の市民講演会を開催する(京都産業大学、京都大学数理解析研究所との共催)
コーネル大学にて, 1975年 1994年谷口シンポジム 2006年ガウス賞

伊藤清

連絡先:伊藤清生誕百年記念事業実行委員会 KiyosiIto100(at)mathsoc.jp