*

日本数学会

小平邦彦生誕百年記念事業

TOP Page > 小平邦彦生誕百年祭記念事業

English

News

小平邦彦生誕百年記念事業

小平邦彦博士(1915 -- 1997) は20世紀数学における巨人の一人です。博士は Hermann Weyl によるリーマン面の理論を一般化し、大域解析学と層コホモロジー理論に基づく複素多様体理論を創造しました。その業績に対し、フィールズ賞、文化勲章、ウルフ賞など数々の賞を受賞しています。

小平邦彦博士の業績を顕彰するために日本数学会は以下の事業を予定しています。

大域解析学と複素幾何学に関する記念講演会
記念市民講演会
小平博士に関係する文献、写真、ビデオの展示
フィールズ賞の受賞

小平邦彦博士について

連絡先:小平邦彦生誕百年記念事業実行委員会 Kodaira100(at)mathsoc.jp