*

日本数学会

高木貞治50年祭記念事業

TOP Page会員用のページ > 高木貞治50年祭記念事業

趣旨説明

日本の数学の近代化において、高木貞治先生の存在は非常に大きなものがあります。 東京・上野の国立科学博物館において、2008年11月22日から2009年1月12日まで、日本の科学者技術者展第7回として、 「数学 日本のパイオニアたち」が開催されましたが、 この展示会でも、「世界的な業績を残した近代日本の数学者―高木貞治」と紹介しています。高木貞治先生は1960年2月28日に物故せられ、2010年は、没後50周年にあたります。日本数学会は、今年度を、高木貞治50年祭年として、記念事業を行うこととなりました。この事業の目的は、高木貞治先生の事績を振り返り、顕彰し、次世代育成に資することで、そのために、伝記・業績再調査(数学的・社会的影響を含む)事業、出版事業、展示会、講演会、その他の行事を行います。

高木貞治50年祭記念事業の概要

News

高木貞治50年祭記念講演会

高木貞治50年祭記念高木レクチャー
2009年11月21日(土)22日(日)23日(祝)
場所:東京大学大学院数理科学研究科
情報
京都大学数理解析研究所研究集会 「代数的整数論とその周辺」企画講演
高木貞治50年祭記念学術講演会
2009年12月9日(水)午後
場所:東京大学大学院数理科学研究科
情報

Poster(PDF)
高木貞治50年祭記念市民講演会
2010年2月20日(土)13:30−16:30
場所:東京大学大学院数理科学研究科
情報

展示 高木貞治先生と日本の数学の教育研究

年表などのパネルの展示、高木貞治先生の自筆ノートの展示、DVDの放映、著書の展示、関係資料の展示

高木貞治先生に関する記事---「数学」および「数学通信」から

書評

高木貞治著:近世数学史談・数学雑談(復刻版・合本)
評者:長谷川浩司 , 「数学通信」3巻3号, pp.65-
The Collected Papers of TEIJI TAKAGI 、岩波書店、初版(1973)、Springer-Verlag Berlin and Heidelberg , 2nd enlarged ed.(1990)
評者:滝沢周雄、「数学」27巻4号, pp.91--

論説など

高木 貞治, Stirlingの公式について
「数学」2巻4号(1950), pp.344-345
高木貞治, 回想
「数学」9巻2号, pp.65-66. [HTML版]
彌永昌吉, 高木先生を悼む
「数学」12巻2号, pp.118-119[HTML版]
末綱恕一, 高木先生の思い出
「数学」12巻3号, pp.131-132. [HTML版]
菅原正夫, 高木先生の思い出
「数学」12巻3号, pp.133-135.[HTML版]
高木貞治著書および論文目録
「数学」12巻3号, pp.135-136. [HTML版]
河田敬義, 高木先生と類体論
「数学」12巻3号, pp.136-
早川 圭蔵, 有理数体上のある種の可解な拡大体について(高木先生の論文への一つの注意)
「数学」20巻2号(1968), pp.97-98
小谷 健司, 高木の微分不可能関数について
「数学」47巻3号(1995), pp.288-289