*

日本数学会

保育室利用規定

TOP Page会員用のページ > 学術的会合 >2016年度年会 >保育室利用規定

保育室利用規定

日本数学会では、お子様を同伴する学会参加者のために学会開催中に 保育室を学会会場内に設置しております。保育室ご利用にあたっては 以下の規定を遵守して下さい。

(1) 日本数学会会員が同伴するお子様に限ります。
年齢:産休明け〜小学校3年生までのお子様を対象とします。
(兄姉も一緒に預けたい場合は、事前にご相談ください。)
(2) 日本数学会が契約するシッター派遣会社による託児 サービスを行います。(有料)
(3) 保育室利用には事前に予約が必要です。
(4) ご利用可能時間帯は、学会会期中の8:30〜18:30です。
(5) 利用料金 0歳:800円/ 1時間、1歳以上:600円/ 1時間
30分単位の利用可能です。2人目以降の兄弟姉妹の同時利用の場合は半額です。
支払期日までに以下の口座にお振込みください。

支払先 郵便振替口座:00150-1-179048
名義: 一般社団法人 日本数学会
   (通信欄に「保育室料金」と「会員番号」をご明記下さい。)
(6) ご利用の際、当日のお子様のコンディションをシッターさんに 口頭で伝えて下さい。
お子様が病気の場合には原則としてお預かりできません。軽微な疾病等 については、シッターと保育室利用申込者で相談のうえ、判断して頂きます。
また、シッターは原則として投薬できませんので、投薬される場合は 保育室利用申込者の責任で行って下さい。
(7) 持ち物:飲み物または粉ミルク、ハンドタオル、着替え、汚れ物入れの ポリ袋2-3枚など。(必要な方は、オムツ・おしり拭き、昼食・おやつ、 粉ミルク・回数分の哺乳瓶、食事用エプロンなど)。
詳細については、お申し込み後、メールにてご連絡いたします。
なお、健康保険証は保護者が持参して下さい。
(8) 賠償保険:保育中の万一の事故に備えて、日本数学会と保育業者は 損害保険に加入しています。誓約内容は、万一の事故の際に、会場大学 およびその大会運営に関わる人は一切の責任を負担しないこと、日本数 学会および数学会の保育室運営に携わる人の責任は、同会が加入する損 害保険の範囲にとどまること等です。
(9) 保育室利用に関わる不測の事態に対しては、すべて保育室利用申込 者が迅速に対応することを前提としています。保育室利用中の学会会場 以外への外出は原則としてお控えください。保育室利用中の事故等のト ラブルについては、保育室利用申込者とシッター派遣会社との間で処理 をして頂きます。
(10) キャンセルの場合は、以下の規定によりキャンセル料をいただきます。
なお、返金は銀行振り込みで行います。振込手数料はご負担いただき、 差額を返金させていただきます。
学会の指定する締切日時まで:無料
上記以降のキャンセル:利用予定料金の100%
以上のことをご承知のうえ、 「保育室申込・誓約書[MS WORDPDF]」 をメールまたはFaxにて 日本数学会事務局(最後にアドレス等があります。)に提出してください。 なお、メールで申込みをされた場合、確認メールが日本数学会事務局から 届きます。お手元に届かない場合は、再度メールまたはFaxにて必ずお申込み 下さい。
• 過去の設置記録が ありますのでご覧ください。
• 日本数学会では,年会時などにおける保育室関連の申込確認や情報交換の 場として,「保育室メーリングリスト」があります.参加希望者は,保育室利用 申し込み時にご連絡ください.
<お申込み・お問い合せ先>
日本数学会事務局 Tel: 03-3835-3484  Fax: 03-3835-3485
メールアドレス:msj-hoiku(at)mathsoc.jp (日本数学会保育室申込専用)