*

日本数学会

2011年度年会

TOP Page会員用のページ > 学術的会合 > 2011年度年会(早稲田大理工学術院)

2011年度年会特別講演・一般講演のアブストラクトの公開について

2011年4月30日

2011年度理事長 宮岡 洋一
2010年度理事長 坪井  俊

アブストラクト集が3月20日に刊行されたことによって2011年度年会で発表予定でしたすべての講演が成立したことを,同日開催されました理事会で確認いたしました.そしてウェブ上の告知文
「2011年度日本数学会年会で予定されていた講演の取り扱いについて」(2011年 3月21日)
を公開して会員の皆様にお知らせいたしました.

 告知文の第4項においてアブストラクトの内容を会員間で周知する機会について検討することを会員の皆様にお約束しました.理事会として可能な案を検討した結果,下記のように会員にアクセスを限定する形でアブストラクト集を2週間公開することにいたします.

 学術団体である日本数学会は,会員の研究成果の先取権を公正な形で保証すべきであり,この目的を達するためには年会・秋季総合分科会で発表される研究成果を会員間に周知することが非常に大切であると考えます.これは,日本数学会の細則において
「第21条 講演会は会員または一般の希望を酌んで随時適当な題目について行ない一般公開する.」
と定めている精神を活かすことにもつながります.また,日本数学会では多くの研究グループが世界をリードしており,その研究発表の場として2つの大会が重要な役割を果たしています.これらの研究活動の継続性を保証することも,今回の決定に至りました理由です.以上の2点に関して,会員の皆様のご理解を賜りますようお願いいたします.

 なお,函数方程式論分科会からは分科会の事情によって公開を見送りたいという申し出がありました.理事会は分科会のお考えを尊重し,函数方程式論分科会のアブストラクトの公開をしないことといたします.

以上