*

日本数学会

WEB広報

TOP Page会員用のページ数学会の社会貢献 > 学術的会合 >2011年度年会(早稲田大学理工学術院) >2011年度日本数学会年会で予定されていた講演の取り扱いについて

2011年度日本数学会年会で予定されていた講演の取り扱いについて

会員の皆様

2011年3月21日

理事長 坪井 俊

このたびは2011年度年会の中止で皆様に大変ご迷惑をおかけしました。この告知文は、年会で予定されていました講演の取り扱いに関するものです。

  1. 3月20日にアブストラクト集が発行されたことによって、総合講演、企画特別講演、分科会における一般講演、特別講演が2011年度日本数学会年会(早稲田大学理工学術院)で成立したこととします。
  2. 2011年度秋季総合分科会および2012年度年会において今回提出されたアブストラクトについて口頭発表することも可とします。これにつきましては、2011年5月および11月にお送りする数学通信の会報において詳しくご説明いたします。
  3. 事務局において今回のアブストラクト集の販売を行います。その詳細につきまして準備が整い次第本会のウエブページなどにおいてご案内しますが、まず会員校による購入に関して事務局から書簡で注文をとることにします。また、会員の皆様に対しましては、4月末に発送する会告にそのための申込用紙と振込用紙を同封することにします。
  4. 今回提出されましたアブストラクトを会員間でより広く周知するする方法について現在理事会で検討中です。評議員に告知した後に、改めてご案内いたします。
  5. これについての問い合わせは、president(at)mathsoc.jp へお願いします。