*

日本数学会

市民講演会

TOP Page会員用のページ数学会の社会貢献 >市民講演会

日本数学会主催 市民講演会

日時:
2011年5月28日(土)14時から
場所:
東京大学大学院数理科学研究科大講義室
東京大学数理科学研究科キャンパスへのアクセスなど
入場無料・事前予約不要
プログラム:
14:00-14:10 挨拶
14:15-15:15 清水達雄(元清水建設研究所)
藤澤利喜太郎生誕150年
五港育ち,『生命保険論』と『総選挙読本』
共催:
東京大学大学院数理科学研究科日本科学史学会

なお、大講義室ホワイエでパネル展示「藤澤利喜太郎 その生涯と業績」も行います。

過去の市民講演会

講演会の記録

藤澤利喜太郎

藤澤利喜太郎は、日本の数学界第一世代の数学者で、数学の分野にとどまらず、研究・教育・社会貢献の全ての面の礎を築きました。藤澤利喜太郎は1861年に生まれており、2011年は生誕150年の記念すべき年にあたります。そこで、日本数学会は2011年に藤澤利喜太郎の事績を振り返り、数学および数学者が明治期に果たした存在意義を再確認したいと思います。

大正12年9月1日の関東大地震によって引き起こされた火災により家財をすべて失いましたが、復興に当たっては当時の東京市の縮小、地方の多数の小都市へ分散を提言するなどもしています。