*

日本数学会

小平邦彦賞
TOP Page > 小平邦彦賞

日本数学会賞小平邦彦賞について

日本数学会は日本数学会会員であって生涯にわたる数学に関する優れた業績をあげた数学者を顕彰することを目的として、日本数学会賞小平邦彦賞を創設いたしました。この賞は、故岡田敬夫氏からの遺贈金を受け、故人のご遺志を尊重するとともに、数学の振興に貢献する事業を実施することを目指して定められました。授賞は4年ごとに行われます。

第1回日本数学会賞小平邦彦賞 授賞式および受賞講演会

poster
主催
一般社団法人日本数学会
共催
東京大学大学院数理科学研究科
日時
令和元年9月21日(土)、 22日(日)
会場
東京大学駒場Iキャンパス 講堂(900番教室)
プログラム
9月21日(土)
14:30 授賞式
15:15--16:15 森 重文 代数多様体上の有理曲線
16:30--17:30 藤田 宏 数理科学の進化に正対する方法論と戦略
9月22日(日)
13:00--14:00 石井 仁司 非線形偏微分方程式の粘性解理論の発展
14:15--15:15 砂田 利一 ダイヤモンドの双子再訪
授賞題目・授賞理由