*

日本数学会

25学会共同シンポジウム「科学・技術による力強い日本の構築」

TOP Page会員用のページ > 数学会の声明

25学会共同シンポジウム「科学・技術による力強い日本の構築」
−我が国の科学・技術の進むべき方向と必要な政策を提言する−

標記のシンポジウム開催にあたり、シンポジウム世話人からアンケートがありました。日本数学会の理事会として下記のように回答いたしました。

(日本数学会理事会、2010年4月20日)

科学技術政策

1)現在の科学・技術政策を評価できるか。以下の(1)〜(5)のいずれかを選んでください。
(1)おおいに評価する (2)評価する (3)どちらでもない (4)評価しない (5)まったく評価しない

回答【(2)】

その理由をお答えください。

評価できる点は以下のとおりである。

問題点は以下のとおりである。

2)今後5年間の科学・技術政策の方向を決める第4期科学技術基本計画をよりよく機能させるために盛り込むことを求めたい点があればお書き下さい。
3)その他、政府の科学・技術政策に対する希望をお書き下さい。

科学者・学会の役割

1)科学・技術政策に関する問題解決のために学会は何ができるかお答えください。
2)学術研究・技術開発への政府投資について国民への理解を深めるために科学者・学会はどのような活動を増強すれば良いかをお答え下さい。

大学と研究独法の役割と存在意義

1)日本の高等教育を一層充実させ国際競争力を向上させる上での主要な課題は何でしょうか。
2)その課題解決に対して大学関係者・科学者の活動を支援するのに必要な政策は何でしょうか。
3)日本の科学研究において研究独立法人の果たす役割について以下の(1)〜(5)のいずれかを選んでください。
(1)大幅に増強すべき、 (2)増強すべき、 (3)どちらでもない、 (4)縮小するべき、(5)大幅縮小するべき

回答【(2) 】

その理由をお答え下さい。

以上