Vol.59
 
New Developments in Algebraic Geometry, Integrable Systems and Mirror Symmetry (RIMS, Kyoto, 2008)
 Edited by M.-H. Saito, S. Hosono and K. Yoshioka
 
 目次 (pdf file)
 2010年8月発刊 税込価格 8000円 / 送料 450円
 
1990年代より,数理物理学のミラー対称性のアイデアにより 代数幾何学と可積分系という二つの研究分野において重要な 研究の発展があり,また相互交流がもたらされてきた.
これらの,代数幾何学,可積分系,Gromov-Witten理論, シンプレクテック幾何学等における新しい研究の発展と相互交流 をさらに進めるために,2008年1月7日から11日の間,京都大学数理 解析研究所において国際研究集会「代数幾何学,可積分系そして ミラー対称性の新しい発展」が開催された.研究集会では特に ミラー対称性のアイデアに基づく新しい研究の講演と活発な討論 が行われた.本書は,この研究集会の成果の一つであり,招待講演者の 12の学術論文を掲載している.多くの読者にとって, これらの数学分野における研究の発展と,異なる分野間の興味深い 関係を知る上で,本書は有益なガイドブックとなるであろう.