Vol.70
 
Minimal Models and Extremal Rays (Kyoto, 2011)


Edited by J. Kollár, O. Fujino, S. Mukai and N. Nakayama
 
 目次 (pdf file)
 2016年9月発刊 税込価格 16400円 / 送料 350円
 
1980年頃に代数多様体の端射線と極小モデルが現れて以来,代数幾何学において途方もなく大きな発展があった.このことを念頭において2011年6月に京都大学数理解析研究所で開催された研究集会の報告集である.この年に還暦を迎えた森重文教授の業績を紹介する概説論文と13編の研究論文からなり,著者は次の通りである.J. Kollár, L. Ein--石井志保子--M. Mustaţă, S. Kovács--K. Schwede, D. Greb--S. Kebekus--T. Peternell, 川ノ上帆--松木謙二, A-S. Kaloghiros--A. Küronya--V. Lazić, J-M. Hwang--小木曽啓示, M. Lehn--並河良典--Ch. Sorger--D. van Straten, 藤野修, J. Chen, C. Hacon--C. Xu, 向井 茂, Y. Prokhorov--M. Reid.