*

日本数学会

数学

TOP Page > 日本数学会の出版物 > 「数学」 > 電子版へのインターフェース > 論説(代数幾何)

「数学」− 論説 6. 代数幾何(51巻から60巻)

諏訪立雄
特異多様体の特性類 52(4), pp. 376-
中村 郁
平面3次曲線―HesseからMumfordへ― 53(3), pp. 241-
森脇 淳
アラケロフ幾何から見たディオファントス幾何 54(2), pp. 113-
吉岡康太
代数曲面上のベクトル束のモジュライ空間 56(3), pp. 225-
川又雄二郎
代数幾何学と導来圏 58(1), pp. 64-
小木曽啓示
Salem多項式と超Kähler多様体の双有理型変換群 59(1) pp. 1-
並河良典
双有理代数幾何とべき零軌道 60(3) pp. 295-

「数学」− 論説 6. 代数幾何(1巻から50巻)

赤尾和男
球面の直積の複素構造について 33(1), pp. 21-
飯高 茂
代数多様体の種数と分類I 24(1), pp. 14-
飯高 茂
代数と幾何−代数多様体の種数と分類II− 29(4), pp. 334-
飯高 茂
種々の双有理幾何と小平次元 34(4), pp. 289-
井上政久
解析曲面の一実例 27(4), pp. 358-
上野健爾
複素多様体の双有理型幾何学 33(3), pp. 213-
上野健爾
超幾何微分方程式, $P^2(C)$の直線の配置と一般型代数曲面 37(1), pp. 45-
臼井三平
TORELLI 型問題 49(3), pp. 235-
尾関英樹
ベクトル・バンドルと射影的加群 18(4), pp. 223-
小田忠雄
凸体の幾何学と代数幾何学 33(2), pp. 120-
小田忠雄
トーリック多様体論の最近の発展 46(4), pp. 323-
川又雄二郎
高次元代数多様体の分類理論−極小モデルの理論へ− 40(2), pp. 97-
川又雄二郎
極小モデル理論の最近の発展について 45(4), pp. 330-
金銅誠之
二次形式とK3 曲面・Enriques 曲面 42(4), pp. 346-
斉藤盛彦
Hodge 加群について 43(4), pp. 289-
塩田徹治
フェルマー多様体の幾何学 33(4), pp. 325-
塩田徹治
Mordell-Weil Lattice の理論と応用−代数, 幾何, ……, 計算機の一つの接点− 43(2), pp. 97-
諏訪立雄
複素解析的Seifert ファイバー空間の変形 31(3), pp. 193-
辻  元
Minimal model 予想の微分幾何学的側面 42(1), pp. 1-
永田雅宜
賦値論のイデアル論的考察 4(2), pp. 76-
永田雅宜
局所環 5(2), pp. 104-
永田雅宜
局所環 5(4), pp. 229-
永田雅宜
Hilbert の第14 問題について 12(4), pp. 203-
中村 郁
Non-Kähler 複素曲面の分類 36(2), pp. 110-
中島和文
等質ケーラー多様体における基本予想の解決 43(3), pp. 193-
並河良典
Calabi-Yau 多様体と変形理論 48(4), pp. 337-
浪川幸彦
Siegel 空間の新しいコンパクト化と偏極アーベル多様体の退化 28(3), pp. 214-
難波 誠
代数曲線の幾何について 36(4), pp. 302-
難波 誠
複素多様体の有限分岐被覆 42(3), pp. 193-
藤田隆夫
偏極多様体の構造と分類 27(4), pp. 316-
藤田隆夫
小平次元の理論−その過去・現在・未来− 30(3), pp. 243-
藤田隆夫
小平エネルギーと偏極多様体の分類 45(3), pp. 244-
藤木 明
複素解析空間の特異点の理論について 31(4), pp. 317-
藤木 明
偏極代数多様体のmoduli 空間とKähler 計量 42(3), pp. 231-
松阪輝久
Jacobi 多様体の構成について 3(4), pp. 199-
松村英之
代数多様体における代数性と解析性 11(3), pp. 148-
丸山正樹
代数的ベクトル束について 29(4), pp. 322-
宮岡洋一
主題と変奏−Chern 類に関する不等式をめぐって− 41(3), pp. 193-
宮西正宜
Homogeneous space と群スキームの1 次コホモロジーについて 22(4), pp. 252-
宮西正宜
開代数曲面の最近の話題 46(3), pp. 243-
向井 茂
K3 曲面上のベクトル束のモジュライとシンプレクティック多様体 39(3), pp. 216-
向井 茂
Fano 多様体論の新展開−ベクトル束法とモジュライ問題を巡って− 47(2), pp. 125-
向井 茂
Brill-Noether 理論の非可換化と3 次元Fano 多様体 49(1), pp. 1-
森 重文
Hartshorne 予想とextremal ray 35(3), pp. 193-
山崎圭次郎
Faisceau の理論I 7(2), pp. 101-
山崎圭次郎
Faisceau の理論II 8(3), pp. 157-
D. B. Mumford (秋月康夫訳)
Modulus の問題のいくつかの観点 15(3), pp. 155-