ロゴ日本数学会  2016年度日本数学会応用数学研究奨励賞

2016年度日本数学会応用数学研究奨励賞

日本数学会応用数学研究奨励賞は応用数学分野における研究を奨励し,分野全体の交流・発展を図ることを目的として,2013年9月に日本数学会において設立されました.応用数学に関連する分野において優れた業績をあげた39歳以下の若手研究者に対して,その業績を顕彰するために与える賞です.

2016年度日本数学会応用数学研究奨励賞は以下の方に授賞されます.

剱持智哉(東京大学大学院数理科学研究科博士課程2年)
滑らかな領域における放物型問題の有限要素近似に対する$L^\infty$誤差評価
$L^\infty$-error estimates for the finite element approximation of parabolic problems on domains with smooth boundaries
鈴木章斗(信州大学学術研究院工学系准教授)
スペクトル散乱理論を用いた量子ウォークの弱収束定理の証明
A spectral and scattering theoretic proof of the weak limit theorem for quantum walks
千葉周也(熊本大学大学院先端科学研究部講師)
二部グラフ上の完全マッチングを含む2-因子と有向グラフ上の有向2-因子
2-factors containing perfect matchings in bipartite graphs and directed 2-factors in digraphs
西口純矢(京都大学大学院理学研究科博士課程3年・日本学術振興会特別研究員(DC2))
ダイナミクスにおける時間遅れの構造をどのように理解するべきか?
How should we understand the time-delay structure in dynamics?
宮武勇登(名古屋大学大学院工学研究科助教)
発展方程式に対する複数の保存量を再現する差分スキーム
Finite difference schemes preserving multiple invariants for evolutionary partial differential equations

English