*

日本数学会

WEB広報 高木貞治50年祭記念・第7回高木レクチャーと展示「高木貞治先生と日本の数学の教育研究」を開催

TOP Page会員用のページ > 広報・会員ニュース

第7回高木レクチャーと展示「高木貞治先生と日本の数学の教育研究」を開催

2009年11月21日(土)から23日(月)に、東京大学大学院数理科学研究科において 高木貞治50年祭記念の第7回高木レクチャーと展示「高木貞治先生と日本の数学の教育研究」が開催されました。

高木貞治50年祭記念行事として今回の第7回高木レクチャーは、通常は2日間のところを、3日間の開催でした。201名の参加者があり大変充実した3日間となりました。今回の講演のもととなった研究総説論文がJapanese Journal of Mathematics に掲載されるほか、講演のビデオがインターネット上で公開されます。

展示「高木貞治先生と日本の数学の教育研究」では、年表などのパネルの展示、DVDの放映、著書の展示、関係資料の展示が行われました。特に、DVD「世界的な業績を残した近代日本の数学者―高木貞治」と「洋算教育を普及させた数学者―菊池大麓」の放映も行われました。これらのDVDは、2008年11月22日から2009年1月12日まで国立科学博物館で開催されました「数学 日本のパイオニアたち」を機会に製作したものです。

Prof. M. HarrisProf. J. McKernan

リンク