*

日本数学会

WEB広報・会員ニュース

TOP Page会員用のページ > 広報・会員ニュース

科学研究費補助金公募のための細目等の見直し 教育研究資金問題検討委員会

科学研究費補助金公募のための細目等の見直しが文部科学省周辺ないし学術システム研究センター周辺において10年ごとに行われることになっております。現在の細目は平成15年に行われており、従来どおりの検討が行われるとすると、平成25年が見直し改定と見込まれます。実施時期を考えると、改定を必要とするときには、平成23年後半までに改定案を作成しておかなければならないことになります。日本数学会では日本数学会から提案する細目案を平成22年度中に作成することを目指しております。つきましては会員の皆様で科研費の細目の現状についてご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、以下の教育研究資金検討委員会のメンバー宛に平成22年6月いっぱいまでにお知らせ下さい。

小澤徹(早稲田大学、txozawa at waseda.jp)
河野明(京都大学、kono at math.kyoto-u.ac.jp)
小薗英雄(東北大学、kozono at math.tohoku.ac.jp)
斎藤政彦(神戸大学、mhsaito at math.kobe-u.ac.jp)
中尾充宏(九州大学、mtnakao at math.kyushu-u.ac.jp)
中村玄(北海道大学、gnaka at math.sci.hokudai.ac.jp)
福山克司(神戸大学、fukuyama at math.kobe-u.ac.jp)
二木昭人(東京工業大学、futaki at math.titech.ac.jp)
森田康夫(東北大学、ysmorita at m.tains.tohoku.ac.jp)

(教育研究資金問題検討委員会委員長 二木昭人 記)