*

日本数学会

WEB広報

TOP Page会員用のページ > 東北地方太平洋沖地震への対応について

早稲田大学理工学術院で開催予定の2011年度日本数学会年会を中止します

2011年3月14日

理事長 坪井 俊

会員の皆様

3月11日に東北地方を中心に我が国を襲った東北地方太平洋沖地震は未曾有の被害をもたらしました。会員の皆様とその関係者にも被害にあわれた方が多くいらっしゃると思われます。心よりお見舞い申し上げます。

3月20日から早稲田大学理工学術院で開催が予定されておりました2011年度年会について、その開催の可能性を探って参りました。今回の地震の規模を考えると今後強い余震も予想され、また輪番停電等が首都圏の生活に与える影響は非常に大きいものとなっております。その他の状況も考えて、年会の大会委員長、実行委員長と協議の上、2011年度年会を中止せざるを得ないと判断しました。

年会および秋季総合分科会は日本数学会で最も重要な事業であります。この年会開催のために長期間ご尽力いただいた足立恒雄大会委員長、江田勝哉実行委員長をはじめとする早稲田大学理工学術院の皆様、各分科会評議員の皆様、各委員会、懇談会等の担当者の皆様には誠に申し訳なく存じます。今回の事態に鑑み、会員の皆様には、年会の中止がやむを得ないことであることをご理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、総会、評議員会、理事会は、定款上のいくつかの定めがあるために、予定通り3月20日に開催します。開催場所は厳密に言えば会員に通知した場所で行う必要がありますが、諸事情により14:00から東京大学数理科学研究科大講義室で行うこととします。その詳細につきましては、今後別途ご案内申し上げます。会員の皆様には、 本会のウエブの トップページ
http://mathsoc.jp/
でのアナウンスに注意していただきますようお願いいたします。

(追記) 「3月20日の総会、評議員会、理事会の開催について」を公開しました(2011/03/15)