日本数学会

広報委員会

2008年度日本数学会賞建部賢弘賞


2008年度日本数学会賞建部賢弘賞は以下の通りに決定しました。

日本数学会賞建部賢弘特別賞

川口 周(大阪大学理学研究科・准教授)
標準的高さの理論
加藤 淳(名古屋大学大学院多元数理科学研究科・准教授)
調和写像分散流の初期値問題の適切性の研究
矢野 孝次(神戸大学大学院理学研究科・講師)
Excursion 測度と極限定理への応用

同奨励賞

戸松 玲治(東京大学大学院数理科学研究科・学振特別研究員PD)
作用素環的量子群の研究
前川泰則(九州大学大学院数理学研究院・助教)
渦度方程式の数学解析
村井 聡(大阪大学大学院情報科学研究科・学振特別研究員PD)
ジェネリックイニシャルイデアルと単項式イデアルの有限自由分解の研究
冨田 直人(東京女子大学文理学部・学振特別研究員PD)
モジュレーション空間に関する基礎研究

授賞式は以下の次第で開催されます。

日時
2008年9月25日(木)15:00--15:15
場所
東京工業大学(大岡山キャンパス)70周年記念講堂

「受賞者のことば」が「数学通信」13巻4号に掲載される予定です。


日本数学会情報システム運用委員会作成
Copyright(C) 2008- Mathematical Society of Japan
最終更新日: September 22, 2008