*

日本数学会

2013年度日本数学会賞建部賢弘賞

TOP Page会員用のページ > 広報・会員ニュース

2013年度日本数学会賞建部賢弘賞

2013年度日本数学会賞建部賢弘賞は以下の通りに決定しました。

日本数学会賞建部賢弘特別賞(3名)

ブノワ・コリンズ(東北大原子分子材料科学高等研究機構・ジュニアPI)
業績題目:自由確率論とその応用
英文題目:Free probability and its applications
安田 健彦(阪大理・准教授)
業績題目:モチーフ積分と特異点に関する研究
英文題目:Motivic Integration and singularities
長尾 健太郎(名大多元数理・助教)
業績題目:Donaldson-Thomas理論と団代数
英文題目:Donaldson-Thomas theory and cluster algebras

建部賢弘賞奨励賞(6名)

浜向 直(東大数理・D3)
業績題目:ハミルトン・ヤコビ方程式の数学解析と結晶成長への応用
英文題目:Analysis on Hamilton-Jacobi equations with its applications to crystal growth phenomena
田中 公(京大理・D2)
業績題目:正標数における極小モデル理論
英文題目:Minimal model theory in positive characteristic
金子 元(日大理工・学振PD)
業績題目:代数的数のディオファントス近似とEmile Borelの予想
英文題目:Diophantine approximation of algebraic numbers and a conjecture of Emile Borel
谷本 溶(東大数理・学振SPD)
業績題目:作用素環的方法による2次元場の量子論の研究
英文題目:Operator algebraic methods in two-dimentional quantum field theory
糟谷久矢(東工大理工・助教)
業績題目:可解多様体のトポロジーと幾何
英文題目:Topology and geometry of solvmanifolds
小関健太(国立情報学研究所・JST, ERATO, 河原林巨大グラフプロジェクト・特任助教)
業績題目:グラフのハミルトン性に関する研究
英文題目:Hamiltonicity of graphs

授賞式は以下の次第で開催されます。

日時
2013年9月25日(水)15:00--15:30
場所
ひめぎんホール サブホール

English