2009年度年会

期日: 2009年3月26日(木)〜3月29日(日)
会場: 東京大学駒場キャンパス

3月26日(木)

企画特別講演

伊藤 哲史 (京都大学大学院理学研究科)
佐藤-テイト予想の解決と展望

香取 眞理(中央大学理工学部物理学科)
連続関数空間上の共形不変な確率測度とSchramm-Loewner Evolution

八木 厚志(大阪大学大学院情報科学研究科)
散逸系の数学的構造 ~その解明に向けて~


3月27日(金)

日本数学会賞春季賞 授賞式

小沢 登高(東京大学大学院数理科学研究科)
離散群と作用素環の研究

出版賞 授賞式

株式会社早川書房刊
「数理を愉しむシリーズ」

九州大学大学院数理学研究院
高瀬 正仁

株式会社筑摩書房刊
「ちくま学芸文庫 Math & Science」

日本数学会賞春季賞 受賞講演(総合講演)

小沢 登高(東京大学大学院数理科学研究科)
群測度von Neumann環の分類-作用素環と非可換調和解析-

総合講演

長井 英生(大阪大学大学院基礎工学研究科)
エルゴード的確率制御から大偏差確率制御へ -数理ファイナンスに現れる時間大域的問題を巡って-


3月28日(土)

企画特別講演

土谷 隆(統計数理研究所)
凸最適化と情報幾何:計算の複雑さへの微分幾何学的接近法


3月29日(日)

企画特別講演

原岡 喜重 (熊本大学大学院自然科学研究科)
アクセサリー・パラメーターの問題 -微分方程式の未開の領域を目指して-

市民講演会

岡本 龍明 (NTT情報流通プラットフォーム研究所)
社会に役立つ素数のお話

河野 俊丈(東京大学大学院数理科学研究科)
幾何学模型アーカイブからの眺望