*

日本数学会

高木貞治50年祭記念事業

TOP Page会員用のページ > 高木貞治50年祭記念事業 >高木貞治先生略歴

高木貞治先生略年譜

1875(明治08)4月、岐阜県大野郡数屋村に誕生
1891(明治24)京都の第三高等学校に入学
1894(明治27)19歳で東京帝国大学理科大学数学科に入学
1898(明治31)文部省派遣留学生として渡独、ベルリン大学に席をおく
1900(明治33)春、ゲッチンゲン大学に移りヒルベルト教授に出会う
1901(明治34)9月末、ゲッチンゲンを出発し、12月4日、帰国
1903(明治35)「ガウスの数体の上の虚数乗法論」により理学博士の学位取得
1904(明治36)東京帝国大学理科大学教授
1920(大正09)「相対アーベル数体の理論について(高木類体論第一論文)」発表
1922(大正11)「任意の代数体における相反定理について(高木類体論第二論文)」発表し、高木類体論を完成
1925(大正14)帝国学士院会員となる
1932(昭和07)スイスのチューリッヒでの国際数学者会議で副議長を務める
フィールズ賞が創設され、第一回選考委員に選出される
1936(昭和11)東京帝国大学定年退官、名誉教授となる
1940(昭和15)第2回文化勲章受章
1951(昭和26)文化功労者となる
1955(昭和30)「代数的整数論国際シンポジウム」が日本で開催され、名誉議長を務める
1960(昭和35)2月28日 84歳で逝去、勲一等旭日大綬章受章
2006(平成18)第1回高木レクチャー開催、以後年に2回開催