代数学シンポジウム

第66回 代数学シンポジウム

会期:2021年8月31日(火)〜9月3日(金)
会場:感染症の拡大防止のため, 一堂に会する開催形態を取りやめ, Zoomを用いるリアルタイム配信の開催方法に変更いたします.(2021.6.19.記)
登録方法:「https://bit.ly/3qn492S」にアクセスし,名,姓,メールアドレス,メールアドレス再入力,所属を入力し,登録ボタンを押してください. ミーティング登録成功の画面になり,代数学シンポジウムへのアクセス情報がわかります.メールでも同じ内容が届きます. シンポジウム期間中はこれを利用してシンポジウムに参加してください.ご質問等がある場合は「algsym2021@gmail.com」までメールを下さい.(2021.6.24.記)
主催:日本数学会代数学分科会
pdf版プログラム (2021.6.24.掲載,8.3.修正)    アブストラクト集(2021.8.4.掲載,8.29.修正)

プログラム責任者:

群論・表現論: 宗政 昭弘(東北大学),直井 克之(東京農工大学)
数論: 安田 正大(北海道大学),水野 義紀(徳島大学)
代数幾何: 金沢 篤(慶応義塾大学),尾高 悠志(京都大学)
環論: 有木 進(大阪大学),下元 数馬(日本大学)

会場責任者:永井 保成(早稲田大学)
シンポジウム責任者:森脇 淳(京都大学、評議員)



プログラム:* を付したものが一般向け講演です.

8月31日(火)

9:45--10:45 渡邉 究(中央大学・理工学部)
    「接束の正値性」
11:00--12:00 馬 昭平(東京工業大学・理学院)
    「カスプと有理同値」
13:30--14:30 伊藤 敦(岡山大学・自然科学学域)
    「Linear systems on abelian varieties via M-regularity of Q-twisted sheaves」
14:45--15:45 淺井 聡太(大阪大学・情報科学研究科)
    「傾理論とGrothendieck群の部屋構造・標準分解」
16:00--17:00 中村 力(東京大学・数理科学研究科)
    「Toward large Cohen-Macaulay representation theory via purity」


9月1日(水)

* 9:45--10:45 細野 忍(学習院大学・理学部)
    「周期積分の満たす微分方程式とK3ラムダ関数」
* 11:00--12:00 入谷 寛(京都大学・理学研究科)
    「ガンマ予想とトロピカル幾何」
* 13:30--14:30 宮崎 誓(熊本大学・先端科学研究部)
    「Castelnuovo-Mumford正則量とシジジーに関連する話題について」
* 14:45--15:45 井上 玲(千葉大学・理学研究院)
    「クラスター代数とその広がり」
16:00--17:00 埴原 紀宏(名古屋大学・多元数理科学研究科)
    「形式的dg代数のクラスター圏とその森田型定理」


9月2日(木)

* 9:45--10:45 坂内 健一(慶應義塾大学・理工学部/理化学研究所・革新知能統合研究センター)
    「総実代数体の新谷生成類と同変ポリログ類」
* 11:00--12:00 関 真一朗(青山学院大学・理工学部)
    「数体の素元星座定理」
* 13:30--14:30 加藤 周(京都大学・理学研究科)
    「アフィン旗多様体の幾何学とその広がり」
* 14:45--15:45 三枝崎 剛(早稲田大学・基幹理工学部)
    「符号,格子と頂点作用素代数におけるレーマー型問題」
16:00--17:00 宮本 雅彦(台湾中央研究院・数学研究所/筑波大学名誉教授)
    「Associativity of fusion products of C_1-cofinite N-gradable modules of vertex operator algebra」


9月3日(金)

9:45--10:45 小寺 諒介(千葉大学大学院・理学研究院)
    「Affine Yangians and rectangular W-algebras」
11:00--12:00 櫻井 太朗(千葉大学大学院・理学研究院)
    「有限群の指標とシロー部分群」
13:30--14:30 広瀬 稔(名古屋大学・高等研究院)
    「Iterated integrals, motivic Galois groups, and cyclotomic associators」
14:45--15:45 松坂 俊輝(名古屋大学・高等研究院)
    「Triangle modular knots and Rademacher symbols」
16:00--17:00 阿部 知行(東京大学・カブリ数物連携宇宙研究機構)
    「コホモロジー理論の無限化とその応用」



------------------------------------------------------------------------
これまでの代数学シンポジウム

過去の代数学シンポジウムのホームページ,開催地,主催者等 一覧

過去の代数学シンポジウム報告集の所在について


分科会ホームページトップへ